自宅-萩-長門-下関-北九州-宗像大社-福岡-宗像 290km .

 鹿児島空港から徳之島に飛び、奄美群島の島々を巡る12日間の旅計画である。しかし、台風が近づいており、10月5日発の飛行機が予定通り飛べる確率はかなり少ないのが出発前に判明していた。
 出発予定の10月3日夕方から、飛行機をキャンセルすべくJALに何度も電話するが全くつながらない。キャンセルや変更は電話でないとできない特殊なチケットだったので、2時間、百回以上かけるが電話はつながらずじまい。そんな状況で20時までしか受け付けていないとは酷いものだ・・・。疲れてしまったので、夜出るのはやめて、出発は翌朝に延期する。
 4日の6時台に車で出発する。台風なので欠航しても空き席さえあれば一日遅れくらいで乗れるはず。キャンセルで九州旅行になってもまあ良いやという気持ちでの出発だ。
 国道9号から191号へ、ひたすら西に向かってまずは萩まで走る。萩で朝食、台風の進路は完全に徳之島を巻き込む方になっており、この時点で欠航を確信した。とはいえ電話がつながらなければ念のために進むしかない。欠航したらどうするのかを考えるべきだが、考えがまとまらず、先に進む。
 11時37分に欠航が決まったという連絡がJALからメールで入った。予想外に連絡が早くて、驚いた。決まるのはぎりぎりだろうから鹿児島まで行くしかないと思っていたのに、まだ下関だ。九州入りする前に決まるとは・・・。とりあえず、フライト変更の予約を取ろうと12時まで電話をかけ続けるが、全くつながらない。12時からは昼休みしか電話できない人が必至だろうから、電話がつながるとは思えない。鹿児島空港まで走ればどうにかなるだろうが、気持ちが萎えた。奄美の島々はまた今度。
 とりあえず、ここまで来たら九州まで行こうと先に進む。まずは関門海峡。ここまで下道で来たが、トンネルより橋の方が面白そうなので高速道路に入って、すぐのパーキングエリアから関門橋と関門海峡を見学。2年前、山陽道の徒歩旅でこの橋をくぐったことを思い出した。
18/10/04 13:31:56
 橋を渡って門司港のレトロ地区。
18/10/04 13:59:02
 小倉で遅い昼食をとり、真剣にどうするかを考える。台風の進路をチェックすると自宅も危なそうな感じになってきたので、明日もう帰ろうと今日どこに泊まるかを考えていたら、妻が壱岐と対馬に行こうと言い出した。対馬なんて台風の進路ど真ん中だが、今夜の船は動いているらしく、一日やり過ごせば大丈夫らしい。ここまで来たらそれも良いかという気になって、博多港に向かうことにする。
 途中、昨年世界遺産登録された宗像大社に立ち寄る。残念ながら17時閉門で中は見られなかったが、仕方ない。
18/10/04 17:23:50
 博多から対馬への夜行フェリーは3社ある。ウェブサイトには予約するようにあったが、シーズンオフだから大丈夫だろうとタカをくくっていた。しかし、最初の会社は予約でいっぱい。そして、2社目も、3社目も、空きがない。やっぱり今回はおとなしく家に帰れということか・・・。
 宗像に戻り、宗像の道の駅で本日は車中泊。
« 自宅-津和野-湯田温泉-秋吉台-宮野温泉-湯田温泉-長門峡 210km
©2005-18 MATSUMOTO Kazuto
ママチャリツアーHome