明石-上郡-備前-戸河内-美都-自宅 390km .

 10日間にわたる車旅の最終日。明石の実家から家に帰る訳だが、今回は母親を車に乗せている。車は商用の軽バンで、後部座席に人を乗せて走ったことがほとんどない。にもかかわらず、年寄りを数百キロ乗せて走るのだ。リクライニングはなく、クッションもないに等しい後部座席に母を乗せる訳にはいかないので、運転しない時は後部座席となる。
 いつもはなるべく下道を走るが、さすがに今日は高速が基本である。加古川バイパスから姫路バイパスを通り、上郡で昼食。備前インターからは高速をひたすら走ったので、写真などなく、特に書くこともなし。帰りに温泉に立ち寄ることにしたので、浜田道に入らず、中国道の戸河内インターで降りる。戸河内から三段峡や匹見の辺りは紅葉真っ盛りできれいだったが、ひたすら走って、美都温泉へ。美都からは仙道経由で無事自宅へ。車を買ってから最長の車旅で、走行距離は2000キロ以上。昨年の年間走行距離の半分を一回で走ったことになる。
« 丹波-明石 70km
©2005-17 MATSUMOTO Kazuto
ママチャリツアーHome