自宅-鳥取-余部-天橋立-長浜-岡崎SA 660km .

 久しぶりの長距離車旅に出る。車中泊の準備をし、一路東に。出雲の手前までは何度も走っている道を通ったが、その先はグーグルマップのナビが示す脇道へと入った。出雲市街の渋滞を避けて走る道なのか、アップダウンはあるが走りやすい広域農道だ。グーグルマップのナビを使うのは今回が初めてだが、意外に変な道を進めてくるのでおもしろい。玉造温泉の辺りでいつもの9号線に合流。
 鳥取市で昼食の後、岩美まではこれまでに何度か走った道。今回はそこから9号線を離れ、日本海側の道を走る。過去二度自転車で走った道で、景色は良いが、余りのアップダウンの多さに閉口した思い出のあるルートだ。今回は車なので坂なんて関係なく、ずんずん進む。
 余部鉄橋は思い出深い場所で、妻に見せたくて来たが、コンクリートの橋に架け替えられており、昔の美しい姿は消えていた。一部を残し、余部鉄橋「空の駅」展望施設として営業しており、今は人気の観光地のようだ。以前来た時は観光客なんて見なかったのにな。前回来た時の印象が強く、少しがっかり。今の姿で人気なのがよく分からない。
17/10/26 15:17:58
 今日のメイン目的地は天橋立である。しかし、出発が予定より2時間遅れ、昼食もゆっくりとったので、到着は5時すぎ、日没の時間だ。
17/10/26 17:10:56
 展望台から眺める景色で有名な天橋立だが、もう登る時間はないので直接足を踏み入れる。
17/10/26 17:14:56
 ゆっくり見る時間がなくなり寂しそうにしていたら、妻が逆側に車を回してくれるといってくれたので、3キロ弱の砂州を全線歩くことにした。すぐに真っ暗になったが、松林にの中の小道をのんびり歩くのは心地よい。南側の終点は廻旋橋(かいせんきょう)と呼ばれる回転橋で、船が通る時には回転することで知られている。
17/10/26 17:44:22
 あとはもう少し走ってから夕食をとり、高速に上がってSAかPAで車中泊というのが作戦。まさか東名まで走ることはないだろうと若狭道や北陸道のSA、PAをチェックしていたが、日没以降ハンドルを握っていた妻が元気で、最終的には東名から新東名に進み、岡崎SAまで走った。昨年できたばかりの岡崎SAは、広くてきれいで快適なサービスエリアだ。
« 匹見-美都-益田 35km
©2005-17 MATSUMOTO Kazuto
ママチャリツアーHome